三養基郡 中川博志さん・孝子さん

私たちは巣立った実の子4人と、里親として今まで3人の子育てをしてきました。
当然ですが、預かった子を大切に育て、心身共に健康な状態でお返ししたいという気持ちは強いです。実親にお返しした子どももいますが、今でも気がかりですし、その子の親とも交流していてよく知っています。子どものことについて考えながら私たちに何かできることはないか探す日々です。家庭に事情のある子どもだけを保護するのではなく、その親も、親子一緒に支援することが必要なのではないかと感じています。
また、里親として迎え入れた子の中には心に傷をもっている子もおり、養育する私たちに専門的な知識が求められる場合もあります。夫婦でも子育ての考え方が違う場合があるので、お互いの気持ちを大切にして、子どものために何が一番いいのかを話し合うことも大切だと思います。
里親を検討されている方は、夫婦間でよく話し合ってください。実子さんがいらっしゃる場合は、子どもの意見も大切にしてください。まずは夏休みのホームステイや週末だけの短期里親から始めてみてはいかがですか。
子どもを預かった後、全てを自分たちで抱え込まずに、児童相談所や児童福祉施設などと協力しながら「みんなで育てる」という意識をもっていただければと思います。そして私たち夫婦から「どうしてもダメだと思ったら、できませんと言ってもいいですよ」と伝えたいです。あなたのその選択を責める人は誰もいませんので。