その子供たちは・・・

実親のもとに帰るまでまたは、自立するまでの間、家族の一員として育てます。
子どもと実親の状況を理解し子どもの成長を育みます。
「こどものグループホーム」
ご夫婦と補助員さんで6名の子どもたちと地域の中で暮らしています。佐賀県には6か所のファミリーホームがあります。
子どもたちが集団で暮らしています。
佐賀県には1か所の乳児院、6か所の児童養護施設があります。

で暮らしています。

当たり前の生活が当たり前ではなく
普通の生活が保障されていない子どもたちがいます。

里親家庭・ファミリーホームで育てられた子どもたちは
実親のもとに帰った時、大人になった時、頼ることができる里親家庭・ファミリーホームは大きな存在となります。

やがて結婚し、自分の家庭・家族ができたとき
里親家庭・ファミリーホームで愛情深く育てられたことは決して忘れません。
信頼してきた大人をお手本に、自分の子どもを大切に育てていくでしょう。

それが、子どもの里親制度が目指す、子どもの将来の姿です。

環境で変えることができます。それが、里親家庭、ファミリーホームです。

里親、それは子どもを未来につなぐひと